アイコン こねこ 徘徊を見守る位置情報システム”を開発!実験! - トピック ★ 情報 nyannkoの部屋


徘徊を見守る位置情報システム”を開発!実験!

OFF Line社さんが
使用認知症患者の外出検知・徘徊を見守り位置情報システムを開発され
大規模実証実験を成功裏されたそうです。

OFF Line社、認知症患者の“外出検知”及び“徘徊を見守る位置情報システム”を開発。金沢西病院、りくつなケアネット金澤を中心とする32団体の関係者より協力を受け金沢市内にて大規模実証実験を行う。

 徘徊を見守る位置情報システム”を開発


大規模実証実験をされた期間はというと平成28年4月14日、15日

内容としては
32団体の関係者より協力を受け「みまもりシステム」の実証実験という構成にされたということです。

その中でもなポイントがインターネットを使用しなくても利用できるSNS。

「ビーコン」と呼ばれる近距離無線用の端末を利用したのだそうで、
とても興味深い内容になっています。

v(=∩_∩=)


我が家にもおばあちゃんがいますが
これから先もし認知症になった場合使ってみたいです。
認知症患者の徘徊事故を防ぐのにとても興味が湧いてきますね♪

感想


ビーコンを認知症患者さんに着けていただき
患者のご自宅や、病院、介護事業所とうの「AirTalk」が常時確認できるシステム。
位置情報などスマホのアプリにリアルタイムに配信される設定だそうです。

利用者さんの立場にあった対応として
認知症徘徊患者のかたがつけられた「ビーコン」は
重さ6グラムととても軽量にするなどをされたとのことで、
負担にならなくてよいですね。

また、
スマートフォンアプリ「AirTalk」も
最大100メートル先のビーコンを検知されるなど
とても期待が持てそうですね。

私としても
いろんな情報が得られるのは嬉しい限りです



この他にも様々な工夫もありましたよ。
とてもお勧めの情報だと思います。
関心をもった方は、是非みまもりシステムでチェックしてみてくださいね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

○o。..:*・・*:..。o○
最後まで読んで頂きありがとうございました。
とっても嬉しいです゚。それでは次回まで. + :。マタネッ~♪ ヾ(*' '*)
ブログ村
関連記事